読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無気力生活 (ノ ´ω`)ノ ~゜

脱力系エンジニア。てきとーに生きてます。

Visual Studio 2008でASP.NET MVCを使う

VS2010では標準で対応しているASP.NET MVCですが、VS2008では追加パッケージを導入しないと使用することができません。
VS2010を購入すれば早い話ではあるのですが、現在手元にはVS2008しかない*1ので、VS2008で開発環境を整える方法まとめておきます。

ASP.NET MVCの追加パッケージは以下から取得します。VS2008で使える最新版はMVC2なので、それ用を取得しましょう。
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=22079
[AspNetMVC2_VS2008.exe]を選択して、インストーラをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたインストーラを実行すると、実行エラーを示すダイアログが表示されることがあります。
[Detail]で詳細な情報を確認すると、VS2008のSP(サービスパック)のインストールが要求されているようです。

調べてみて分かったのですが、VS2008のSPはWindows Updateで入ってきません。そのため、別途導入する必要があります。
SPのパッケージは以下から取得できます。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=fbee1648-7106-44a7-9649-6d9f6d58056e
インストーラを叩いて暫く待てば、SP導入が完了します。
SPを導入したら、Windows Updateを実行して、SP1の修正パッチ等を当てておきます。
ここまでで、導入の準備となります。

導入の準備が終わったら、ダウンロードしておいた[AspNetMVC2_VS2008.exe]を実行して、ASP.NET MVCを導入します。
exe実行時に、同意を得る画面が表示されるので、Acceptを選択してインストールを継続します。
インストールが終了したらVS2008を開き、新規プロジェクトからMVCプロジェクトが作成できるか確認してみます。

はい、追加されていますね。
MVCを選択してプロジェクトを作成すると、メッセージを表示するだけの画面が作られます。

後は、好きな用にコーディング進めれば問題ありません。

今回はここまで。

*1: はやく2010に更新したい(´;ω;`)